季節外れの海へ!

大変ご無沙汰しております。

個人的に色々忙しかったのもありますが、ブログ自体にそれほど興味を持てなくなっていたので、長らく放置していました。

今日は何となく気が向いたので、先週行ったBournemouthの一泊旅行でもアップしちゃいます!
Bournemouthはイギリスの南西部に位置する海辺の街。
この日は運良くお天気に恵まれ、平日で混み合うことも無く、本当にのんびりした旅行になりました。

今回の旅のテーマは、ズバリ「リラックス」です。

海辺を散歩してみたり。
b0148493_3514111.jpg


シーサイドのレストランで魚介を食べたり、
b0148493_353295.jpg


ホテルで5時間ほど昼寝をして(!)、夜中にルームサービスを頼んでみたり(ダラダラとテレビで映画を2本鑑賞)、
b0148493_3552376.jpg


翌日、小さな水族館で迫力のウミガメと対面したり、
b0148493_3584851.jpg


またまた、浜辺を散歩したり、
b0148493_411097.jpg


とまぁ、こんな感じでただひたすらのんびりとしてきました。

今回、本当に幸せだったのが、宿泊したホテルです。

オーガニック、フェアトレードにこだわっているこのホテルでは、各部屋のリネンも、レストランで出される食事も、アメニティも全てオーガニック。モダンでスタイリッシュだけど、心と体に優しい、とっても居心地の良いホテルでした。

なんと言っても、ホテルスタッフの接客がパーフェクト!一つ一つがとてもプロフェッショナルで、食事も丁寧に作られているのが伝わりました。今度行く時があれば、是非夕食もきちんと食べてみたい!

the green house


Bournemouthに行く機会があれば、是非お試しください!

それと、いつも写真だけですが、facebookに時々アップしているのでそちらも見てみてくださいね。
[PR]

# by honeypan2 | 2011-09-30 04:08 |

ジャミロクワイ at The O2 arena

先週の金曜日、Jamiroquaiに会って来ましたよ!!
b0148493_4182095.jpg


初、O2アリーナ。せっかくロンドンに住んでるんだし、どうせならイギリスっぽいのが観たい!と去年末に意気込んで買ったJamiroquaiのチケット。まだまだ先のことだと思っていたのに、時間はあっという間に過ぎてもう4月。

正直、あんまりジャミロクワイな気分じゃないんだけどな・・・なんて思っていたけど・・・

んんんもう!!めちゃめちゃ楽しかったです♡

O2アリーナの中はちょっとしたテーマパークになっていて、レストラン街も充実。
b0148493_422771.jpg

b0148493_4243979.jpg


一緒にいった友達とまずはタイ飯で腹ごしらえをして、ゆっくりジャミロを待つ事に。

18時半に会場入りして、まずはアリーナ内を観察。思ったより小さかったです。
b0148493_4264132.jpg


写真左がステージですが、その前にある人の列は立ち見の最前列。すでに場所取りが始まっています。ジャミロクワイが出てくる頃にはこの真ん中の広場が人で埋め尽くされました!

前座のバンドが終わった後、ジャミロクワイ、颯爽と登場!最初はインディアンスタイルの定番の大きな帽子。途中で白の帽子に蛍光のラインが入ったアディダスのジャージという出で立ちに変身。
b0148493_429208.jpg

b0148493_4313614.jpg


アラフォーとは思えない身のこなし。スデージを軽やかに飛び回っていました。そして、とにもかくにも「かっこいい!!!」

テレビで見たまんま。プロモのまんま!なんと言うか、風格があるというか安心して楽しめるというか。

お客さんも若者からミドル世代まで様々。みんな各々のスタイルでダンシングしまくっていました。もちろん、私も♡

普段、、クラブとか騒がしいところには行かないのですが、コンサートやライブは別!やっぱり、その瞬間を直に楽しめるエンターテイメントは必須ですね。

大満足で帰宅した金曜日でした。
b0148493_437799.jpg

[PR]

# by honeypan2 | 2011-04-21 04:37 | 日々のこと

チャリティ at 職場

東北関東大震災から約3週間が経ち、精神的に徐々に通常生活に戻ってきました。仕事も相当忙しかったので、とりあえずはそちらに専念といった感じで。でも、何か自分にできることはないか・・・と漠然と考えた結果、会社内での募金活動を実行してみました。

これだけ日本人スタッフがいて、日本人対象の治験をしている今がまさに「そのとき」だと思って。

これは、正直被災者のみなさんのためというよりは自分自身の成長のためだったかもしれません。自分で何かを発言して実行する、そして周りの人が私の意見に耳を傾けてくれて協力してくれるという経験は、今までありませんでした。自分の中で何かが大きく変化した出来事でした。

思い立ったら吉日、ということで、仕事の合間をぬってマネージャーに募金活動をやりたいと伝え、快諾。そのあと、とりあえず勤務していた日本人スタッフに口頭またはメールで募金を提案し、具体的な内容やもっと案が欲しいことを伝え、各々から助言&協力をいただきました。

週末を費やして(仕事中だけど、笑)、ココアの空き缶をニセ千代紙でデコレートして募金箱を作り、同じようにデコレートした空き箱にスタッフが持ち寄った和小物や折り紙グッズを大量に入れて、募金してくれた人への小さなギフトにしました。デコレートした品々は我ながら絶品だったのですが、いつも通り面倒だったので写真はありません。。

先週一週間を募金週間にして、オフィスに募金箱と折り紙グッズの箱、それにスタッフが持ち寄った手作りお菓子(ショートブレッド、キャロットケーキ、フィナンシェなどなど)を置き、募金活動開始。といっても、仕事は相変わらず忙しく、募金箱のの側に立っていることもできないので、そのまま放置しておきましたが、みんな続々と募金してくれていました。折り紙やお菓子も好評でした。ちなみに大量の折り紙は治験滞在中のボランティアさんにもお手伝いしてもらいました☆

同じ会社内だから募金にも限度があるだろうと思っていましたが、イギリスというお国柄なのか、毎日結構な額の募金がたまっていました。コインだけでなく、20ポンド札(2500円くらい)も例外無く毎日入っていました。

思い立って、行動してみて、それがこうして現実になるってなんて素敵なことなんでしょう。被災者のみなさんに小さい会社ながら何かできないか、と思って始めたことも、今となっては私個人の学びです。本当に感謝です。

募金は在英日本人の募金の一部として日本赤十字社に寄付する予定です。募金を通じて、被災者のみなさんとつながること、私と会社の日本人スタッフがつながったこと、私の心が私自身とつながったこと、、、こうしてどんどんつながっていって、無限の大きな力になるのだと確信しました。

この学びを胸に、今日も一日しっかり生きようと思います。
[PR]

# by honeypan2 | 2011-04-05 19:26 | 日々のこと

今だけがリアル

今日、家に帰ったら部屋の鍵が開かないという事態に見舞われた。

今住んでいるフラットは、個人の部屋にもオートロックの鍵がついていて、鍵を中に放置したまま部屋を出ると大変なことになるというかなり油断禁物なお家。でも、今回はそういうことではなく、どういうわけか鍵が内側からゆるくかかってしまっていて、鍵を差し込んでも開かなくなってしまった。

とりあえず、フラットメイトに助けを求めるも手だてがなく、仕方なしに管理人エディに電話。セントラルでご飯をオーダーしたばかりの彼だったが、とりあえずそそくさと食事を済ませて駆けつけてくれた。(サンキュー!)

とりあえず、エディのマスターキーでトライしてもらうも、状況は変わらず。それならばと、彼は包丁と金づちを工具箱から素早く取り出し、ものの数分で解錠。その姿と言ったら、まさに特殊部隊。機敏さが尋常ではない。どうして、この状況で包丁と金づちなんて工具をすぐに思いつくのか。シークレットサービスや運び屋、、など何やら怪しげな仕事をしているとの噂がある彼だが、今日の一件で妙に納得。

ちなみにエディが駆けつけるまで部屋に入れなかった私は、とりあえず夕食を作ることにして、たまたま食事時間が重なったフラットメイトと一緒にキッチンで食べた。いつもは部屋で食べるから、人と話しながらこうして食べるのが妙に新鮮だった。というか、正直嬉しかった。


と、そんなことが家に帰ってからバタバタと起こった。予想もなしに。いきなり起こった。

そして、思った。あー、これが日常。今起こっている事が現実。私は今、この瞬間を生きてる。

最近、頭の中で色々色々考えてしまっていた。(また)半分頭の妄想の中で生きていた感覚もある。でも、今日の夜のことで一気に時間を、そして感覚を「今」に引き戻すことができた。

いつだって、今起こっているこの瞬間だけがリアルなんだと再認識した。過去を振り返り、未来を心配し、遠く離れたところにいた私の意識がぐーんと体の中に戻って来た感覚だ。

いつだっって、今だけがたしかなものなのだ。
[PR]

# by honeypan2 | 2011-04-01 05:17 | 日々のこと

yoga week

先週末の夜勤明けから1週間のお休みをいただきました。大学のエッセイを書き上げ(人生初英語3000字!!私には快挙!)、19日土曜日には19年に1度の大きさ&輝き増のSuper moonを拝み、部屋の片付けをし、料理をし、とっても充実したお休みを過ごす事ができました。自分の部屋にいたっては、窓ふきからカーテンの洗濯、フロアを拭いて、植物を並べて、、、私のお城完成です。なんと空気の流れが良いこと!前の部屋より少し小さいのに、片付けをしたら前の部屋よりも広めのヨガスペースができました。きれいなフローリングにマットを敷いたら、もうそこは極上のパワースポットです!

さて、そんなお休みの中、久しぶりにヨガクラスに行きました。それも7日間のうち4日間も。うーん、我ながら極端!

前にもちょろっと書きましたが、前に通っていたヨガスタジオが、ちょうど私の引っ越したエリアに新しいスタジオをオープンしました。まだ新しいスタジオは、暖かみのあるフローリング、広めのフロアが二つ、真っ白な壁、そしてあちらこちらにインドの神様。何とも気持ちのよいスタジオです。ヨガマットと家の鍵だけを手に、歩いて10分弱にスタジオがあるなんて本当に有り難いです。

前から知っている先生も入れば、新しい先生もいるのですが、早速素敵な先生を何人か見つけました。クラスは前から興味があって少しだけかじっていたアシュタンガをベースに、ダイナミックなものを中心に受けています。とりあえず体に喝を入れたかったので。

去年暮れから続いている「首から肩、背中にかけてのひどい凝り」は一向に治る気配がなく、これは本当に何とかしなければとヨガを真剣に再開しました。

この「凝り」の原因としては・・・

・運動不足
・精神的なもの(常に気持ちがネガティブな感情で緊張状態)
・偏った食生活
・ネットの使い過ぎ

なんかが挙げられるのかなと自己分析してみました。そして、その「凝り」から来る頭痛やさらなる情緒不安定は悪い循環を引き起こしています。

「気持ちを落ち着けよう」と思ってリラックスしようとしても余計に力が入ってしまい、「あー、私は全然ヨガにも集中できない・・・」と無意味な罪悪感を覚えたりするので、今回は何も考えずに体を動かす事にしました。体と心は繋がっているので、体がほぐれていけば必ずこころも応じてくれると信じて。

最初の3回のヨガは、正直思ったよりも体が動かなくて、結構しんどかったです。まず、呼吸が深く入っていきませんでした。「もー、ずーっと運動もしなかったのにいきなりこんなびしびし動くからしんどいよ!!」と体のあちこちから反応が返ってきます。あー、ここも伸ばしてなかった、あーここも使ってなかった、、、と気づくことだらけ。前にできていたアーサナ(ポーズ)もできなくなっていました。

おそらく、肩こりの解消の仕方も体は忘れてしまっているのかもしれない・・・そんな風に思いました。それほど縮こまっていたのです。ヨガをしていて初めてシャバアーサナの時に肩が内側に入っているのを直されました。それほど無意識に肩に力が入っていたのです。日常生活でもほぼ慢性的に力が入っているんだろうと察しました。

昔、子供の時によくお母さんに「胸を張りなさい!」と後ろから両肩に手をおいて外側にぐいっと引っ張られたことを思い出しました。お母さんはよく分かっていますね、娘の傾向を。

激しい筋肉痛に見舞われながらも、今日の4回目のクラスは本当に気持ちのよいヨガが出来ました。今日の先生は結構たくさんねじり系のアーサナを取り入れてくれたので、首・肩・背中がぐーんと伸びてリラーックスできました。

これから徐々に筋肉痛も緩和されていくと思うし、このまま練習を続けようと思います。

こうして、毎日食べて、寝て、ヨガができる生活。当たり前と思わずに、日々謙虚に精進していこうと思います。

Om shanti
[PR]

# by honeypan2 | 2011-03-22 07:34 | Yoga