「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:Yoga( 6 )

yoga week

先週末の夜勤明けから1週間のお休みをいただきました。大学のエッセイを書き上げ(人生初英語3000字!!私には快挙!)、19日土曜日には19年に1度の大きさ&輝き増のSuper moonを拝み、部屋の片付けをし、料理をし、とっても充実したお休みを過ごす事ができました。自分の部屋にいたっては、窓ふきからカーテンの洗濯、フロアを拭いて、植物を並べて、、、私のお城完成です。なんと空気の流れが良いこと!前の部屋より少し小さいのに、片付けをしたら前の部屋よりも広めのヨガスペースができました。きれいなフローリングにマットを敷いたら、もうそこは極上のパワースポットです!

さて、そんなお休みの中、久しぶりにヨガクラスに行きました。それも7日間のうち4日間も。うーん、我ながら極端!

前にもちょろっと書きましたが、前に通っていたヨガスタジオが、ちょうど私の引っ越したエリアに新しいスタジオをオープンしました。まだ新しいスタジオは、暖かみのあるフローリング、広めのフロアが二つ、真っ白な壁、そしてあちらこちらにインドの神様。何とも気持ちのよいスタジオです。ヨガマットと家の鍵だけを手に、歩いて10分弱にスタジオがあるなんて本当に有り難いです。

前から知っている先生も入れば、新しい先生もいるのですが、早速素敵な先生を何人か見つけました。クラスは前から興味があって少しだけかじっていたアシュタンガをベースに、ダイナミックなものを中心に受けています。とりあえず体に喝を入れたかったので。

去年暮れから続いている「首から肩、背中にかけてのひどい凝り」は一向に治る気配がなく、これは本当に何とかしなければとヨガを真剣に再開しました。

この「凝り」の原因としては・・・

・運動不足
・精神的なもの(常に気持ちがネガティブな感情で緊張状態)
・偏った食生活
・ネットの使い過ぎ

なんかが挙げられるのかなと自己分析してみました。そして、その「凝り」から来る頭痛やさらなる情緒不安定は悪い循環を引き起こしています。

「気持ちを落ち着けよう」と思ってリラックスしようとしても余計に力が入ってしまい、「あー、私は全然ヨガにも集中できない・・・」と無意味な罪悪感を覚えたりするので、今回は何も考えずに体を動かす事にしました。体と心は繋がっているので、体がほぐれていけば必ずこころも応じてくれると信じて。

最初の3回のヨガは、正直思ったよりも体が動かなくて、結構しんどかったです。まず、呼吸が深く入っていきませんでした。「もー、ずーっと運動もしなかったのにいきなりこんなびしびし動くからしんどいよ!!」と体のあちこちから反応が返ってきます。あー、ここも伸ばしてなかった、あーここも使ってなかった、、、と気づくことだらけ。前にできていたアーサナ(ポーズ)もできなくなっていました。

おそらく、肩こりの解消の仕方も体は忘れてしまっているのかもしれない・・・そんな風に思いました。それほど縮こまっていたのです。ヨガをしていて初めてシャバアーサナの時に肩が内側に入っているのを直されました。それほど無意識に肩に力が入っていたのです。日常生活でもほぼ慢性的に力が入っているんだろうと察しました。

昔、子供の時によくお母さんに「胸を張りなさい!」と後ろから両肩に手をおいて外側にぐいっと引っ張られたことを思い出しました。お母さんはよく分かっていますね、娘の傾向を。

激しい筋肉痛に見舞われながらも、今日の4回目のクラスは本当に気持ちのよいヨガが出来ました。今日の先生は結構たくさんねじり系のアーサナを取り入れてくれたので、首・肩・背中がぐーんと伸びてリラーックスできました。

これから徐々に筋肉痛も緩和されていくと思うし、このまま練習を続けようと思います。

こうして、毎日食べて、寝て、ヨガができる生活。当たり前と思わずに、日々謙虚に精進していこうと思います。

Om shanti
[PR]

by honeypan2 | 2011-03-22 07:34 | Yoga

2011年最初のヨガはアシュタンガ!

2011年、今年は目標をより具体的に掲げて実行に移す年にした。友人に触発されて始めた5年日記には目標がばっちり書いてある。

「ヨガプラクティスを深める」というのもその目標の一つ。

具体策としては、

・週2回は必ずスタジオで練習すること(体調の悪い日は別)
・毎日10分でもいいから太陽礼拝や瞑想の時間を設ける、というのを挙げた。

お正月は結局ダラダラしてあまり実行に移せなかったのだけど、ロンドンに戻ってきて早速実行している。今回は時差ぼけもあまりなく、帰国して2日後の日曜日に今年初のスタジオプラクティスをしてきた。

日曜日の午後のアシュタンガクラスに出ると決めていたので、つべこべ言わず行動。案外動き出せばなんて事はなく物事はすすむものだなーと実感。

アシュタンガは去年から少しずつ始めていて、まだまだまだまだビギナーだけど毎回とっても充実したヨガができる。と言っても、始めたきっかけは「アーサナの順番が決まっていて自主練しやすそうだから」という簡単なもの。それでも、吉川めいさんのブログや書籍、その他アシュタンガ関係の本を読むうちに伝統に基づいたヨガはとっても芯がしっかりしていてやりがいがあるかも、と興味をそそられるようになった。それに何より、ダイナミックな動きが好き。個人的にはリラックス系のものより、瞑想状態に入りやすい気がする。

久しぶりの90分フルコースで練習したが、思いのほか体が自由に動いた。「私の体よ、どんどん伸びろ〜、動け〜!!」という感じでいつも使っていない体のあらゆる場所を刺激した。おかげで二の腕や背中、その他もろもろ筋肉痛。でも、やっぱりすかっとして気持ちいい!!

担当の先生の呼吸のカウントの仕方も独特で、ぐぐぐーっと導かれたし、昨日は本当に良いヨガができた。

そんなヨガの翌日は朝の目覚めもばっちりで、もちろんその調子で自主連も30分しましたよ☆

今年は朝型生活もどんどん取り入れていきたい。と言っても、来週の始めに夜勤4連発が控えてるんだけど、それはそれでうまく適応していこうと思う。

年末は私の大好きなヨガティーチャーのもと東京でクリパルヨガにて締めくくり、今年はダイナミックなアシュタンガで幕開け。年末から今日にかけて日々自分がパワーアップしている気がする。

おかげ様の気持ちを忘れずに、日々精進したい。
[PR]

by honeypan2 | 2011-01-18 06:57 | Yoga

年の瀬

もう、クリスマスカードをもらう時期になりました。ロンドンもあちこちでイルミネーションがされていて、スーパーやデパートもクリスマスグッズであふれていて、町中クリスマスムードです。

そして、私は今週いよいよ帰国!あと4日働けば飛行機に飛び乗って福井です。(福井まではまた色々乗り継ぎがあるけど)

気分的にももう8割程ホリデーモードなのですが、それが祟ったのか今週末は思い切り体調を崩しました。いつもの胃痛&嘔吐です。

今年になってから、数ヶ月に一回ペースでしかも下半期は特にこれに悩まされました。大体、お菓子を食べ過ぎたり、睡眠パターンが崩れたりした後に起こるので、原因あっての結果なのかもしれませんが、消化機能の衰えとともに体調の衰えを感じます。

昨日は夏から予約していたシアターでのパフォーマンスも行けず、友達宅のおでん忘年会も行けず、1人で部屋で引きこもり。当日朝までは行くつもりだったけど、やっぱりベッドから起き上がれなくなってしまって、あぁ無念。まぁ、その前日まで連日友達と会っていたので、休息日が必要だったのかもしれません。

って、こんなしけたことを書いていても仕方がないので、またちゃんとヨガを始めました。もう、いつものことながら、「仕事が忙しい」「夜勤だから生活リズムがね」なんて言い訳をして2ヶ月程サボり続けた結果が今。

よく考えれば、仕事量が多かったというのもあるけど、体調がいつもにも増して悪かったし、何より気分のムラも激しかったなー、無気力も著名だったし。食事も誘惑に負けてお肉や牛乳、甘いものなど過多に取り過ぎていた気がします。

「これでいいのよ〜。たまにはご褒美しなくちゃ。自分を押さえつけたらだめだめよ。」

なんて思って自分を楽にしていたつもりだったけど、体とこころのどこかで引っかかっている何かにも薄々気がついていました。

「自由にしていいけど、それで本当の意味での体とこころのリラックスになるのかい?ただ、本当の自己に向き合うのが怖いだけなんだろう。」

ともう1人の自分が言っているような気がしていたけど、軽く無視していました。多分、臆病な自分や自信のない自分、他人と自分を比較している自分なんかを認めたくなかったのかも。

と、読んでいる人には「?」という内容の今日の日記かもしれませんが、すいません。どうしても、文章に残しておきたかったので。

東京では友達と一緒にいくつかヨガスタジオをまわる予定です。うーん、楽しみ☆
[PR]

by honeypan2 | 2010-12-13 06:00 | Yoga

ヨガを取り入れる

また、だいぶブログを放置してしまいました。ここのところ、文章を書く気になれなかったのです。1、2月は仕事でのストレスもうまく処理できなくて、結構悶々としていました。

ヨガも放置していたのですが、定期的に届くYoga of Lifeのメルマガを読んだり、色んなヨガインストラクターのHPやブログを読んだりするうちに、また興味がむくむく沸いてきました。というか、ヨガの考え方はすごく理にかなっているし、アーサナをとるだけではなくて、もっと勉強して食生活をはじめとするライフスタイルにもどんどんヨガを取り入れたくなったのです。

東京で2回だけ体験した、Yoga of Lifeのクリパルヨガ(友人にDVDもプレゼントしてもらいました☆)、吉川めいゴヴィンダ・カイ夫妻のアシュタンガ、そして、今私が通っているシバナンダ。

私はまだまだ初心者だし、決まった先生を見つけたわけではないけれど、今の自分ができることから少しずつ始めていきたいと思います。


ヨガを強いるのではなく、生活をよくする為のツールであることを忘れないこと。

そして、自分が一番自然に、楽しめること。

It sounds difficult, but might be easier than I thought.

自分がどうしたいのか、どう感じているのかを内観して、本当の自分に合ったもの、欲するものを選ぶようにこころがけようと思います。食べ物も、仕事も、洋服も、人間関係も、全て。どうしようもならないこともあるし、誘惑に負けることもあるだろうけど、その時はその時でまた対処すればいいのです。

私は、ヨガのインストラクターではないので、うまくこういう考え方を説明できません。もし、興味があれば、上記のブログやウェブを参照ください。きっと、生活を豊かにするメソッドが見つかります。
[PR]

by honeypan2 | 2010-03-10 08:36 | Yoga

Nothing ventured, nothing gained

2010年がスタートしました。大晦日、お正月とみなさんはどう過ごしましたか?

私はどちらとも自宅でのんびりと過ごしました。今月は前半からクリスマスまで、ほとんど毎日色んな人に会っていたので、少し一人になって充電が必要だなーとここ数日感じていました。本当は日本の家族と過ごしたかったんですけど、それは来年。

一人で過ごした年末年始、何をしたかと言うと、、、。

まず、生まれて初めて自分でお寿司を作りました。たまたま買っていたスモークサーモンで思いつきの細巻き。酢飯も自分で作りました。そして、年越しなので年越しそば(これは市販)も。食後にぜんざいも準備して、もう満足満足の年越しでした。自分のタメだけでもちゃんとしたご飯を手間をかけて作るのは楽しいし、何とも言えない充実感。

そして、食後のんびりしたら、ゆっくりヨガ。

ヨガをしながら、自分と向き合いながら年を超して見たかったので、すごく良い経験でした。40分程ヨガをした後に、そのまま瞑想へ。カウントダウンとともに鳴らされる花火がボンボン聞こえている中、静まりきった部屋の中でただただ空っぽになる・・・。瞑想している間、急に寂しくなったり、悲しくなったり、健やかな気持ちになったり、過去を思い出したり、未来を想像したり、、、自分の中の様々な感情が次々に溢れてきたように思います。実際、「無」になるなんてやっぱり、難しい。でも、少しだけ心のフィルターが掃除できたでしょうか。


お正月の朝、日本にいるお母さんと話をしたら、とても気分が落ち着きました。天気も良かったので、そのまま近くの丘へ散歩へ出かけました。

太陽が眩しくて、綺麗。
b0148493_328566.jpg



歩いて30分ほどで、丘の上の教会に着きました。
b0148493_3305380.jpg



古い教会の敷地には所狭しと墓石が並んでいました。
b0148493_3314364.jpg



教会を抜けると、、、
b0148493_3331535.jpg



大きな木。春になって青々と茂っている姿もみたいなぁ。頑張って冬を耐えておくれ。
b0148493_3342563.jpg



最近、また、仕事の事や、人間関係、恋愛など、色んな焦りや不安や疲れみたいなネガティブなものを感じていました。(というか、感じていたことにヨガをしたら気が付いた)

特に、仕事に関しては、やっぱり「患者さんをケアする看護の仕事の方がやりがいもあるし、自分のやりたいことだ」という思いがくるくる頭の中を駆け巡っていました。こんなことで今の仕事を楽しめるだろうか、3年も働けるだろうか、、と得意のとりこし苦労をして、自分を疲れさせていたのかもしれません。

そんなことを考えていた今朝、見るともなく付けていたテレビのアニメの会話から、思わぬフレーズをもらいました。

Nothing ventured, nothing gained

冒険なくして、得るものなし。

これは、去年の六月にカウンセリングしてもらったイギリス人のおばあちゃんにも言われた言葉。そして、東京でオーラ鑑定をしてもらった時にも同じようなことを言われました。

「もっと、冒険してもいいんじゃないですか?もっと楽しいことがあるかもしれないのに、チャレンジする前にやめてしまってないですか?」

今朝のこのフレーズは、私が受け取るべくして受け取ったメッセージ。

去年は、ワークパーミットを取得して、まさかのイギリス逆帰国。イギリスの会社で働いているというだけでもかなりの冒険!と結構自己満足していたんですが、そこで留まっているだけではもったいない。「これだけ頑張ったんだから、いいじゃないか」というのは、自分を認めてあげる大切な要素ですが、一方で次へ進むのを遅らせる要素になりかねません。

「冒険」

今年のテーマはずばりこれです。勇気を出して、もっと新しい事に挑戦していきます。挑戦しない理由を並び立てる前に。

こんな私ですが、今年もどうぞよろしくお願いします。


おまけ;今年最初の手作りは、「食パン!!」
b0148493_3552081.jpg

[PR]

by honeypan2 | 2010-01-02 03:55 | Yoga

ヨガの話

今日は、久しぶりにヨガの話。

家の近所にあるNorth London Buddhist Centreに通い始めて早4ヶ月。今でも、週に1、2回のペースでのんびりヨガを習っています。

いつも行くのはハタヨガなんですが、中でも土曜日のお昼にあるMarie先生のクラスがお気に入りです。

フランス人の彼女はヨガを教えて18年。このセンター以外にも色々な場所でクラス&ワークショップを行っています。勿論、来月のワークショップは予約済みです☆

ポーズを淡々とこなしていくフィットネス的なヨガとは違い、彼女のクラスでは呼吸法やポーズもその意味からじっくり教えてくれます。そして、決して急ぎません。この前、知り合いが行くフィットネスセンターのヨガクラスに参加した時、あまりのスピードにかなりの違和感を覚えてしまいました。あれはあれでいいんでしょうが、今の気分はやはりMarie先生です。

最近ではクラスでハタヨガだけでなく、クンダリーニヨガも取り入れるようになり、火の呼吸やチャクラを活性化させるポーズを色々教えてくれます。深部筋肉もじっくり使うので、1時間半のレッスン(いつも延長してくれるので実質2時間弱)後はかなりヘトヘトです。次の日はあらゆるところが筋肉痛になります。

ヨガを楽しめる先生に出会えたことは、幸せなことです。

彼女のウェブサイトはこちら


一方で、家ではヨガの練習をあまりしていません。前までは「朝起きたらヨガをして御飯を食べて、夜寝る前にも簡単にヨガをして・・・」と色々試みたのですが、なかなか続かず。結局、自分に無理強いしていたからだと思います。

今は、良い意味で自分のやりたいようにリラックスした生活を心がけています。バイトもないし、学校もない、こんなに時間に追われないのんびりした時間は生まれてこの方初めてのこと。いずれはまたがっつり働かなくてはいけないので、今は、自分を見つめる時間として大切に過ごしたいと思います。


さて、明日は久しぶりのお芝居鑑賞。三島由紀夫が手がけた作品「地獄変」と「班女」をコンセプトにしたお芝居です。楽しみ楽しみ。
[PR]

by honeypan2 | 2009-06-17 04:39 | Yoga