「ほっ」と。キャンペーン

年の瀬

もう、クリスマスカードをもらう時期になりました。ロンドンもあちこちでイルミネーションがされていて、スーパーやデパートもクリスマスグッズであふれていて、町中クリスマスムードです。

そして、私は今週いよいよ帰国!あと4日働けば飛行機に飛び乗って福井です。(福井まではまた色々乗り継ぎがあるけど)

気分的にももう8割程ホリデーモードなのですが、それが祟ったのか今週末は思い切り体調を崩しました。いつもの胃痛&嘔吐です。

今年になってから、数ヶ月に一回ペースでしかも下半期は特にこれに悩まされました。大体、お菓子を食べ過ぎたり、睡眠パターンが崩れたりした後に起こるので、原因あっての結果なのかもしれませんが、消化機能の衰えとともに体調の衰えを感じます。

昨日は夏から予約していたシアターでのパフォーマンスも行けず、友達宅のおでん忘年会も行けず、1人で部屋で引きこもり。当日朝までは行くつもりだったけど、やっぱりベッドから起き上がれなくなってしまって、あぁ無念。まぁ、その前日まで連日友達と会っていたので、休息日が必要だったのかもしれません。

って、こんなしけたことを書いていても仕方がないので、またちゃんとヨガを始めました。もう、いつものことながら、「仕事が忙しい」「夜勤だから生活リズムがね」なんて言い訳をして2ヶ月程サボり続けた結果が今。

よく考えれば、仕事量が多かったというのもあるけど、体調がいつもにも増して悪かったし、何より気分のムラも激しかったなー、無気力も著名だったし。食事も誘惑に負けてお肉や牛乳、甘いものなど過多に取り過ぎていた気がします。

「これでいいのよ〜。たまにはご褒美しなくちゃ。自分を押さえつけたらだめだめよ。」

なんて思って自分を楽にしていたつもりだったけど、体とこころのどこかで引っかかっている何かにも薄々気がついていました。

「自由にしていいけど、それで本当の意味での体とこころのリラックスになるのかい?ただ、本当の自己に向き合うのが怖いだけなんだろう。」

ともう1人の自分が言っているような気がしていたけど、軽く無視していました。多分、臆病な自分や自信のない自分、他人と自分を比較している自分なんかを認めたくなかったのかも。

と、読んでいる人には「?」という内容の今日の日記かもしれませんが、すいません。どうしても、文章に残しておきたかったので。

東京では友達と一緒にいくつかヨガスタジオをまわる予定です。うーん、楽しみ☆
[PR]

# by honeypan2 | 2010-12-13 06:00 | Yoga

なぜかレーズン好き

食堂かたつむりという小説を最近読んだら、無性にレーズンパンが食べたくなった。
b0148493_26867.jpg

b0148493_265325.jpg


久しぶりのパン作りはもう一回基本に戻るべく、ちゃんとレシピを吟味して忠実に作ってみた。うむ、なかなかイケる!コッツウォルズで購入したspodeのお皿とも相性バッチリ。

大体のレシピには手ごねは10分くらいと書かれているのに対して、私の場合は20〜30分かけるのがベストのようだ。

で、連休最終日の今日、今度はシナモンロールをベイキング。
b0148493_2113689.jpg


レーズンをたっぷり入れたので味にアクセントがあって大変よろし。

もともとそんなにレーズンって好きじゃなかったのに、どうしたんでしょ。そういえばお母さんもレーズンパン好きだったような。

やっぱりベイキングは楽しい。
[PR]

# by honeypan2 | 2010-11-17 02:13 | 食事

春琴@Barbican

b0148493_8301450.jpg


私の大好きな女優さん、深津絵里。

昨日は彼女が主演する舞台「春琴」をバービカンシアターで観劇してきました。先週の土曜日も行ったので今回は2回。この舞台はサイモン・マクバーニーというイギリスの有名演出家(日本でいうところの蜷川幸雄や野田秀樹くらい?)が谷崎潤一郎の「春琴抄」と「陰影礼賛」という小説をモチーフに手がけたお芝居で、初演が2008年(東京)、再演が2009年(ロンドン、東京)、そして今回が再再演(ロンドン、パリ、東京、台湾)です。

初演から数えると今回で7回目の観劇になります。毎回、演出が微妙に異なるので観ていてもいつも発見があるし、何より役者さんや演出家その他スタッフのチームワークの良さを感じるとても素敵なお芝居です。

深津絵里が好きという理由だけで、初めて東京まで「カメレオンズ・リップ」というお芝居を観に行って、すっかり観劇が好きになった私。深津絵里の魅力も観る度にグレードアップして、その度に「こんな素敵なお芝居を観れて、こんな素晴らしい時間を会場で共有できて、生きてて良かった」と心から思います。もう、深津絵里は、観劇は私のパワーの源です。

私はお芝居の知識もないし、演出や演技にどうこうということよりも、とにかくあの役者さんのエネルギッシュな感じが好きなので、本当に観たい時は真ん中の前を陣取ります。昨日ももちろん、役者さんが数メートルという近さで観劇しました。蝋燭の光の微々たる動きや、役者さんの眉間のしわまで見える私にとっては贅沢席です。深津絵里が壇上に出て来た時はその姿に鳥肌が立って、泣きそうになりました。

昨日は、ロンドン公演最終日だったので、サイモンも最後は壇上で挨拶してくれました。実は、去年の再演時に老いた佐助を演じた役者さんが東京での公演後3ヶ月で他界されたそうで、そのことを話してくれました。私は個人的には初演&今回の再再演の笈田ヨシが好きでしたが、やっぱりチーム春琴を作ってきた仲間として皆さんが悲しまれているのが伝わってきました。深津絵里が真っ黒い瞳を潤ませているいたのが印象的でした。

余談になりますが、先週の土曜日のこと。隣に座ったイギリス人男性(年は多分50〜60代、with妻)がいきなり、「Hello」とにこやかに声をかけてきました。私は人見知りも激しいので普段はめったに初対面の人と必要でない限り話はしないのですが、何となくこの時は雰囲気で話していました。どうも、このおじさん、演劇通らしく、サイモンや劇団の人とも知り合いの様子。サイモンが率いるcompliciteの他の作品の話や、ロンドンで観た日本関係のお芝居やワークショップ(その時は俳句だったらしい)についても楽しそうに話してくれました。挙げ句の果てに「じゃあ、このお芝居が終わるまでに俳句を一句考えてね」と私と同席していた友人に宿題を課せて来ましたが、舞台にすっかり魅了されてしまったようで、終わった後は「Just forget about the homework」といって、しばらく席から立ち上がらずに余韻を楽しんでいました。どうやら、本当の演劇好きみたい。こんな人と出会うのも楽しいです。

あー、だから観劇はやめられない。
[PR]

# by honeypan2 | 2010-11-15 08:59 | 趣味

やっぱり紅茶にはミルク

b0148493_18464193.jpg


何となく牛乳を買わなくなって数ヶ月。

この間の日曜日の美味しいティータイムですっかりまた紅茶が好きになってしまった私。お土産で買った素敵なティーカップにオーガニックブレンドティーとミルクで朝からゆっくりしました。

こういう時間、大切にしたいです。
[PR]

# by honeypan2 | 2010-10-26 18:51 | 食事

全てはプラマイゼロなのです。

昨日は一日ハッピーで、遅くまで出かけていたわりには疲れも一気に吹っ飛んだのに、今日は小さなあまり嬉しくないハプニングがたくさんでした。

まず、会社で掃除のおばさんにあることで軽く注意され(まーこれは仕方が無いことだったけれど)、

ロッカーの鍵がひょんな事で折れてしまい(普通こんなものは簡単に折れないですよね)、スペアキーを自己負担で作るはめになり、

大家さんからいきなり電話があって、家賃を£10値上げすると言われ、

階下の少し被害妄想チックなクレーマーなおばさんから、昨晩の騒音について軽く注意され・・・

といやー何か続いてしまいました。細かいことが。でも、騒音に関しては全くのおばさんの誤解だと思うんだけどな。私、夜中に家具の移動もしていないし、エクササイズもしていませんけど?でも、聞き入れてくれないので軽く流しておきました。

あー、仕事は狂ったように忙しいですが、時期に収まるでしょう、全て。
[PR]

# by honeypan2 | 2010-10-26 05:14 | 日々のこと